税理士は顧問料だけで選ばない方がいい?

最近は税理士の数も増えているそうで、顧問先獲得のための競争が激しくなっているそうです。
しかも価格破壊(?)も進んでいるそうで、毎月の顧問料が1万円を切るような税理士もたくさんあるそうです。
税理士の顧問料は安ければ安いほどいいと言う方も多いと思いますが、実際には顧問料だけで税理士を選ぶのにはデメリットもあるようです。
もし税理士に確定申告だけを依頼したいのであれば料金について最低限でいいのかもしれませんが、最近の傾向として税務調査のスパンが短くなっているそうなので、税務調査に対応してもらえる税理士を選んだ方がよいかもしれません。
もちろん安い顧問料でも税務調査の立ち合いはしてもらえますが、税務調査では経営者と税理士が一丸となって調査に臨まなければなりません。
そのため税理士としっかり強固な信頼関係を築いておかなければなりませんので、果たしてその価格破壊的な顧問税理士が上手く対応してくれるかどうかは…。
いずれにせよ顧問料というよりは自分にあった税理士を顧問にすることが会社にとって一番重要なことかもしれませんね。