ホワイトニングの光にまつわる謎は多そうです。

今までホワイトニングは、何かを塗るだけで行うものと思っていました。
でも、一番ホワイトニングに欠かせないのが光だとわかったんです。
それもどこにでもある光ではなく、歯医者さんしかもっていない光のようです。

その光が流行りのLEDというところもでてきているいうことが言われています。
なるほど、歯医者さんにとっては省エネ、私たちにはソフトな光でいい感じでしょう。
そして、その光にあたる時間なんかを調節すると、好みのホワイトニングになっていくんだと思います。

もしくは、あたる時間はどの場合も同じで光の明暗が違うこともあるのでしょうか。
ホワイトニングをした人にしかわからない、謎の光の秘密を知りたくなってきました。
やはり光なので、歯がポカポカと温まってくるような感じもしたりするのかな?という疑問もあります。

多かれ少なかれ光がピンポイントであたるのが歯医者のホワイトニングだから心地よい熱感はありそうです。
その温まるということも、実はホワイトニングの第二の鍵とかにもなってそうです。
まだまだ私の知らないホワイトニングの謎は出てきそうなので、調べていこうと思います。