インターネットでの確定申告を考える

自分で仕事をしている人のなかには、「確定申告」を簡単に済ませたいと思う人も少なくないでしょう。
そのためには、インターネットでの確定申告は選択肢のひとつです。
ただ、ICカードリーダライタの導入が必要とか、けっこう面倒なこともあり、郵送での申告方法に落ち着いた人もいるかもしれませんね。
かくいう私のそのひとりです。
というよりも、インターネットでの確定申告方法が理解できていないのが正解です。
そんなとき、目に留まったのが、2019年1月末、税務署から送付された確定申告の書類一式でした。
同封のチラシには「インターネットで確定申告ができます!」との内容も。
こちらを読み進めていくと、「確定申告書等作成コーナー」へのアクセスから、申告書を提出するまでの流れが把握できます。
また、申告書の提出には「e-Taxで送信」と「印刷して提出」の2通りがあることも知りました。
さらに「e-Taxで送信」を利用すると、本人確認書類の提示または写しの添付不要になり、便利なこともわかりました。
そのためには「e-Taxで送信」の利用条件を満たすことが不可欠です。
大変なのは最初だけかもしれませんが、インターネットでの確定申告に踏み切れないでいる私です。