家族が揉めないために相続弁護士横浜に相談

遺産相続が起こってもスムーズに手続きが進む場合もあれば、相続人同士で揉めてしまいなかなか解決できない場合もあります。
でも相続トラブルなんてお金持ちしか関係ないことかと思っていましたが、遺産が少なくてもトラブルになることは多く、相続財産1000万円以下の場合でも32%以上が遺産分割調停事件になっています。
相続が揉める原因も様々ですが偏った遺言があると揉めることが多く、内縁の妻や愛人、認知した子供には相続権がありませんが、そういった人に多額の遺産を残すと揉める原因になってしまいます。
家族が揉めないためにしておく事とは、公正証書などで遺言書を作っておくことで、法律の専門家である弁護士に相談するといいでしょう。
横浜で相続案件に強い弁護士と言ったら相続弁護士横浜の安田法律事務所です。
20年以上の実績があり、現在は関東学院大学法科大学院教授としても活躍しています。
JR関内駅、横浜市営地下鉄関内駅、みなとみらい線馬車道駅、みなとみらい線日本大通駅から徒歩5分と駅から近いですよ。
電話やメールでの法律相談は行っていませんが、平日なら夜間でも相談に対応してくれます。