遺体の冷凍保存って可能なの?

何時になるかわからない未来に、病気の治療法が確立し蘇られる

なんかこういう夢幻のような話があるんです

私もこのニュースを聞くまではSFの世界でもあるまいしと思っていたのですが現実なんですね

というのもイギリスでがんのために亡くなった14歳の少女、同も冷凍保存権なるものを裁判で勝ち取っていたんです

両親は離婚、母親に育てられていたのですが未成年の場合この権利は認められていなかったんです

なんでもアメリカには遺体を冷凍保存するところがあるんだとか

液体窒素でマイナス200度で保存するらしいんです

価格は300万円くらいから1200万円と幅はあるんだけど、ランニングコストはいらないみたいです

ただ冷凍保存して、医療が確立したとして生き返るなんてことが可能なのでしょうか?

死んでからではなく死ぬ前に植物状態のようになって冷凍するのならばまだ生き返るのかもしれませんけどね

未来の科学はそれも可能にするのでしょうか?

でも生き返ったとしても浦島太郎状態、果たしてそれが幸せなのかどうか

シャワーを浴びているといきなり水になった

お風呂をはったつもりがお湯ではなく水風呂だった

こんな経験はないでしょうか?

給湯器というのは本当にいきなり壊れるものです

なぜあんなにタイミングよく壊れるんでしょうねw

いきなりの出費、これはやっぱり安く済ませたいもの

かといってしっかり直してもらわないと困りますよね

修理してくれる人は全員が有資格者、そして完全社員で下請け業者ではない

こういう安心できるところが千葉にあるんです

有資格者だからと言って高額でもなくリーズナブル

もし万が一給湯器が故障したら千葉 給湯器で調べてほしいですね